産後のホルモンバランスの乱れで体はどう変化する?抜け毛への影響は?

産後ホルモンバランスの乱れは、女性どのような影響を及ぼすのでしょうか。肌質が変わったり精神的に不安定になったり。産後の抜け毛もまたホルモンバランスが大きな要因となっています。産前と産後に変化するホルモンバランスと身体への影響についてまとめました。

産後のホルモンバランスの乱れはどう変化する?

産後 ママ 女性 ホルモンバランス 乱れ

妊娠・出産・産後によって、急激に分泌量が変化するホルモンは3種類あります。これがホルモンバランスの乱れです。ホルモンはそれぞれどのような役割を持ち、どのようにホルモンバランスは変化するのでしょうか。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、主に妊娠中に活躍するホルモンです。胎盤をつくり、お腹の中の赤ちゃんに栄養を届けてくれる役割を持っています。また子宮の収縮を和らげ流産を防止すると共に、乳腺の発達を助けてくれます。このホルモンは、産後2日目ぐらいからは分泌量が激減していきます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲン(卵胞ホルモン)も主に妊娠中に活躍するホルモンで、子宮を大きくし乳管を発達させます。プロゲステロン(黄体ホルモン)と同様に、産後は激減するホルモンです。このエストロゲン(卵胞ホルモン)は、産後の女性を苦しめる抜け毛に大いに関係があるホルモンなのです。

プロラクチン

母乳の分泌のために活躍するホルモンです。上記2つのホルモンとは違い、プロラクチンは出産前まではエトロゲン(卵胞ホルモン)によって分泌が抑えられているものの、産後は分泌量が増えてきます。

産後はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つのホルモンが激減し、プロラクチンが増加するため、女性の体の中ではホルモンバランスが急激に崩れることがわかります。この急激な変化によって、産後の女性には様々な体の不調が生じることになるのです。

ホルモンバランスによってどのような体の変化が起こる?

ホルモンバランス 乱れ 変化 クエスチョン

産後のホルモンバランスの乱れによって、女性の体に起こる変化は実に様々です。中でもほとんどの産後の女性が自覚する代表的な症状が産後抜け毛。そのほかにも、吹出物が増えるなどの肌荒れ、逆に正中線(妊娠中にお腹の中心に線が入ったように色素が濃くなる現象)やシミ・黒ずみが薄くなることもあります。

また、産後は顔や手足がむくんみやすかったり、体重が戻りにくいのもホルモンバランスの乱れが影響しています。無理な産後ダイエットは控えて、ホルモンバランスが戻ってから取り組むとよいでしょう。

産後の抜け毛はホルモンバランスが

中でもホルモンバランスの影響を大いに受けて、多くの女性を悩ませるのが産後抜け毛ではないでしょうか。抜け毛は見た目に出ててしまうため、女性にはとても辛いものですよね。「髪を結んで育児したいのに生え際が透けてしまう」「人と会うのもおっくうになる」というのは精神的なストレスにも繋がります。

妊娠中に多く分泌されていたエストロゲン(卵胞ホルモン)は、赤ちゃんを育てるための妊娠中の活躍のほかにも、髪のコラーゲンを増やし髪の毛の発達をサポートする働きがあります。産後は、このエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減り、ホルモンバランスが乱れることで、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜けてしまうのです。

産後のホルモンバランスの乱れを改善するには?

産後のホルモンバランスは、誰しも避けることができません。産後1~2年、体が本調子に戻るまでのしばらくは、不調を感じたら無理をせずに休むことが大切です。赤ちゃんの育児があるので、なかなか休息を取ることも難しいかもしれませんが、できるだけ家族に協力してもらうようしましょう。

適度な運動は、ホルモンバランスを整える効果があるので、調子のよい日はウォーキングをしたり、赤ちゃんと少し遠くまで散歩してみるとよいですね。産後のホルモンバランスの乱れは、つらいものですが自分だけの症状ではありません。「いつかは元に戻る」ことを理解し、深く悩み過ぎないようにしましょう。

※関連記事
産後抜け毛の原因であるホルモンバランスの乱れはどう対策する