産後抜け毛だけじゃない!女性の若年性脱毛症の原因と対策

一般的に抜け毛や薄毛といえば男性に多いイメージがありますが、最近では多くの女性が抜け毛・薄毛に悩まされています。女性の薄毛や脱毛症の原因となっているのは、産後抜け毛や老化によるものだけではありません。20代や30代などの若い女性も抜け毛・薄毛に悩んでいる人が多いようです。若年性脱毛症は一体何が原因になっているのでしょうか。

女性の若年性脱毛症が増えている!

女性 若年性脱毛症

男性に多いと思われていた抜け毛や薄毛の症状ですが、近年では、女性の抜け毛や薄毛も珍しくはありません。一方で、抜け毛や薄毛は、更年期以降に起こる老化減少によるものだと思っている人がほとんど。しかし実際は、20代~30代といった若年期で薄毛や抜け毛に悩む女性が年々増えているのです。これを「若年性脱毛症」といい、この原因も人によって様々です。

一般的な抜け毛のメカニズムは、毛母細胞や頭皮の老化が原因で起こります。一方で、若年性脱毛症の場合は老化が原因ではなく、髪の毛のターンオーバー(ヘアサイクル)の周期が乱れて起こるのです。

若年性脱毛症が起こると、円形脱毛のようにある一部分が集中的にはげるのではなく、髪の毛全体にボリュームがなくなります。まだ毛が抜ける周期ではないのに髪の毛が抜けてしまったり、毛が細くなったり、1つの毛穴から生えてくる髪の毛の本数が減少することで髪の毛のボリュームがなくなってしまうのです。

なお、若年性脱毛症の中でも妊娠中~出産後の女性は、女性ホルモンの影響でヘアサイクルが著しく乱れてしまうことで起きる、産後抜け毛の症状が現れます。

若年性脱毛症の原因と対策

「若年性脱毛症」といってもその原因は人それぞれです。原因によってもその対策や改善策が異なるため、まずは自分に思いあたる事項がないか見直してみることが大切です。

無理なダイエットは控えて

女性がしがちな無理なダイエットは、若年性脱毛症を引き起す原因のひとつです。

極度のダイエットによって、女性ホルモンの「エストロゲン」というホルモンに乱れが生じます。エストロゲンは髪の毛を成長させる作用を持っているため、このホルモンが乱れると、抜け毛や薄毛に繋がってしまうのです。

また、食べないダイエット(無理な食事制限)では、体に十分な栄養が行き届かなくなり、この状態が続くと自律神経が乱れ、ストレスを感じるようになり血流の流れが悪くなります。

無理なダイエットによって、若年性脱毛症の要因を自ら増やすことになります。対策法としては、規則正しい生活とバランスのよい食事を心掛けることです。過度に食事を抜くことはやめましょう。

ヘアカラーやパーマは間隔を空けて

おしゃれを楽しみたい若い女性であれば、ヘアカラーやパーマをする人は多いでしょう。しかし、ヘアカラー剤やパーマ液は髪の毛には大きなストレスとなっています。

若年性脱毛症は頭皮環境の悪化によって起こります。ヘアカラー剤やパーマ液によって毛根や頭皮を傷めてしまうため、頻繁におこなうことは避けるべきです。

また、ワックスなどのスタイリング剤も頭皮に刺激を与え、きちんと洗浄しきれずにいると、毛穴に汚れが溜まり若年性脱毛症の原因となります。

対策としては、ヘアカラー・パーマなどは2ヶ月以上間隔を空けるようにします。既に若年性脱毛症が発生している場合は、改善されるまではヘアカラー・パーマは控えるようにしましょう。また、スタイリング剤を使用した日はしっかりと洗浄するように心掛けましょう。

洗浄力の強いシャンプーを使わない

若年性脱毛症を防ぐために、日々のヘアケアはとても大切です。シャンプーの際に、強い力で爪を立てて頭皮を傷つけていませんか? 毛穴や髪の毛を傷めないように、顔を洗う時と同じようにシャンプーもやさしく丁寧に洗浄しましょう。

また、毎日何気なく使っているシャンプーやトリートメントが頭皮に刺激になっている可能性があります。シャンプーは弱酸性や無添加、オーガニックなどの低刺激の安全なシャンプーを選びましょう。

毎日使うものだからこそ、シャンプーはこだわって選ぶことをおすすめします。

※当サイトでは、毎日使い続けることでより効果的な産後抜け毛対策シャンプーをご紹介しています。シャンプー選びにお役立てください。