産後抜け毛対策に選ぶべきシャンプー|産後抜け毛を悪化させるシャンプーはこれだ!

産後のママを襲う大量の抜け毛。初めて体験した女性は驚くと同時に、大きなショックを受けてしまいます。産後抜け毛は、妊娠から出産にかけてそれまでとホルモンバランスが変わることで発生する現象。出産した女性の7割程度が体験すると言われています。産後抜け毛の対策には、まずはシャンプーを見直すのことが効果的です。今回は、産後抜け毛に使いたいシャンプーの特徴と、産後抜け毛を悪化させてしまうような注意したいシャンプーの成分についてご紹介します。

産後抜け毛対策にはこんなシャンプーがおすすめ!

産後 抜け毛 対策 シャンプー

1.無添加シャンプー

産後抜け毛の改善や対策には、頭皮や髪の毛に優しい成分であることがとても重要になってきます。多くの市販のシャンプーには、強い刺激成分や香料などが含まれます。できるだけ合成成分の少ない、オーガニックな無添加シャンプーであれば頭皮や髪にも優しく、産後抜け毛対策に安心です。また、頭皮マッサージをしながらシャンプーして、頭皮の血行を促進するのも効果的です。

2.アミノ酸シャンプー

髪の毛やお肌、私たち人間の体はアミノ酸からできている細胞で作られています。人間のお肌や髪の毛に近いアミノ酸を配合したシャンプーであれば、低刺激で頭皮にも優しいため安心です。一方で、アミノ酸シャンプーにもいろいろな種類があり、種類によっては配合成分も大きく違います。産後抜け毛対策のためには、植物エキスから作られているものであれば、刺激の強い成分が入っておらず洗浄力も高いので、頭皮を清潔にしながら皮脂を取りすぎない長所もあります。頭皮を清潔にキープできれば、トリートメントをした時に育毛成分や、頭皮に良い栄養素をたくさん吸収できるので産後の抜け毛対策にも効果的です。

3.保湿成分がしっかり配合されたシャンプー

シャンプーは髪自体を洗うためのものではなく、頭皮を洗う役割の方が大切です。毛に覆われていて忘れてしまいがちですが、頭皮もお肌なので保湿は欠かせません。健やかな頭皮を保ち、産後抜け毛を改善するためにも、保湿成分が配合されているシャンプーがおすすめです。

産後抜け毛対策シャンプーは頭皮に良い界面活性剤にもこだわる!

産後抜け毛の対策には、余分な皮脂を落としすぎない優しい洗浄力のシャンプーがおすすめです。界面活性剤とは、シャンプーに含まれる髪の毛や頭皮を洗浄する成分のこと。頭皮に良いと言われる、シャンプーの界面活性剤をまとめました。

1.アミノ酸系界面活性剤

髪の毛の90%は、ケラチン(タンパク質)から成っており、ケラチンはもともと18種類のアミノ酸から作られています。そのため、成分に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」と言う、アミノ酸の名前が含まれている界面活性剤は、アミノ酸が原料で安心です。
ケラチンの約13.7%はグルタミン酸、2.8%を占めるアミノ酸なのがアラニンです。グルタミン酸は、他のアミノ酸の合成を助け、髪のダメージ部分に入り込んでコンディショニング効果を高めます。アラニンは、キューティクルが開かないようにして、頭皮のバリア機能を高める効果があります。
髪の毛を構成しているアミノ酸由来の界面活性剤仕様のシャンプーは、頭皮も髪もマイルドに仕上げるので、産後抜け毛対策におすすめです。

2.天然界面活性剤

天然由来の界面活性剤には、「レシチン」や「サポニン」などがあります。レシチンは卵黄に含まれ、サポニンは人参、へちま、お茶などに含まれる成分です。天然由来なので、頭皮への刺激も少なく、天然由来の界面活性剤が配合されたシャンプーはマイルドな洗い心地で、産後抜け毛の対策におすすめです。
また、界面活性作用は持っていないものの、殺菌作用があるローズウォーターや洗浄力を持つ泥(クレイ)を天然界面活性剤の代わりとして配合しているシャンプーもあります。
この他、補助的な界面活性剤として配合される「ベタイン系界面活性剤(両イオン性界面活性剤)」や「ノニオン界面活性剤(非イオン性界面活性剤)」もあります。どちらも産後抜け毛で悩む人でも安心して使える、刺激の少ない界面活性剤です。

産後抜け毛中にこんなシャンプーを使うのは危険

産後 抜け毛 対策 シャンプー

次に、産後抜け毛を悪化させてしまうような、避けたいシャンプーをご紹介してします。

1.シリコンシャンプー

シリコンは、髪の表面に膜を張り、摩擦を防ぎ、手触りの良いツヤツヤの髪に仕上げてくれます。しかし、シリコンが髪や頭皮に膜を張るためせっかくの栄養成分が浸透されず、産後抜け毛中の栄養が不足している状態には不向きと言えます。反対に、産後抜け毛対策にはノンシリコンシャンプーを選ぶのがおすすめです。

2.メントールシャンプー

メントールが入っていると、洗い上がりがスッキリする感覚もあり、血行促進効果も期待できると思われがちです。しかし、メントールシャンプーはスッキリ感と共に頭皮に刺激を与えるため、産後抜け毛には過剰なメントールが配合されたシャンプーは避けた方が良いでしょう。

シャンプーの合成界面活性剤には注意!

シャンプーの成分は、90%以上が水と界面活性剤からできています。石油系の界面活性剤などは、洗浄力も強く頭皮への刺激も強いので、産後抜け毛に悩んでいる時期は特に避けた方が良いでしょう。
まず特に目安としたいのが「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」などの「ラウリル」と「硫酸」という名前がつく成分。石油系の合成界面活性剤であり、どちらか1つを排除するだけでも、産後抜け毛におすすめしないシャンプーの9割は避けられます。
同じ石油系の「ラウレス」とつく「ラウレス硫酸Na」「ラウレス硫酸TEA」が成分表示の最初の方に表記されているシャンプーも避けましょう。この石油系の合成界面活性剤たちは洗浄力が非常に強く、頭皮や髪の毛にとって必要な皮脂まで取り除いてしまいます。皮脂を過剰に取り除いてしまうと頭皮や髪の乾燥がひどくなり、産後抜け毛や薄毛の悩みが進行してしまう危険性があります。髪の毛の痛みも進めてしまうため、産後抜け毛に悩む方に限らず、合成界面活性剤には注意した方が良いと言えます。

いかがでしたか? 産後抜け毛の対策には、今回ご紹介した成分を参考にしてシャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。良いシャンプーは少し価格が張る場合が多いものの、女性としてママとして美しくいるためにも、毎日使うシャンプーは安心できるものを選んでください。産後抜け毛対策シャンプーおすすめ|産後におすすめの抜け毛対策シャンプーの選び方では、おすすめのシャンプーラインナップをご紹介しています。ぜひご参照ください。