産後の髪の毛に起きる変化とは!? 産後抜け毛の原因と仕組みを知って正しく対策

出産という人生のビッグイベントを経験したママにやってくる、あらゆる体の変化。中でも、産後の髪の毛の変化に悩むママが多いそう。今回は、産後抜け毛を正しく対策するために、産後の髪の毛に起きる変化をまとめました。

産後に起こる髪の毛の変化とは?

産後 髪の毛

産後は、抜け毛だけでなく髪の毛にあらゆる変化が生じます。では、産後に起こるママたちの髪の毛の変化を、具体的に見てみましょう。

1.産後の抜け毛が増える

産後抜け毛の原因は、出産を境にした女性ホルモンの急激な変化が大きな原因です。妊娠中には、2つのホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が増加します。
基本的に髪の毛は一定の周期で生え変わりますが、ホルモンが増えることで女性は髪の毛が抜けにくくなるため、妊娠中は体毛や髪の毛が増え、「毛深くなった」と感じる妊婦さんも多いのです。
しかし、出産によって女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜けてしまいます。これが産後抜け毛の一番の原因です。原因はホルモンバランスの変化だけではなく、慣れない子育てのストレスや抜け毛自体へのストレス、授乳などによる寝不足、赤ちゃんにかかりきりでしっかり食事が摂れないなども原因に挙げられます。

2.くせ毛が変化する、髪の毛のパサつきが酷い

これらの髪の毛の変化は、遺伝によるものや日頃の髪の毛のダメージなど様々な原因も考えられます。しかし、特に産後に変化が大きくなったようであれば、産後抜け毛と同じ「女性ホルモンの乱れ」と「髪の毛のケア不足」の2つの要因が考えられます。
産後に急激に減ってしまうホルモンのエストロゲンは、髪の毛を丈夫にしたりツヤ髪にする性質を持っています。そのため、エストロゲンが減ることで、髪の毛がパサついたり、くせ毛がひどくなることがあります。ホルモンバランスの乱れは、髪質や頭皮の状態悪化に繋がる可能性があるのです。
また、髪の毛のケア不足に関しては、妊娠中や産後は赤ちゃん中心の生活になってしまうことで、充分にママ自身の髪の毛や頭皮のケアができないことが要因になってしまいます。確かに、育児で忙しい中、髪の毛のために特別なケアの時間を確保することは難しいかもしれません。しかし、産後しばらくは、ママ自身の体もまだ本調子には戻っていないため、髪の毛や頭皮に使うケアアイテムには、低刺激のものを使うなど気を遣うようにしましょう。

3.頭皮のベタつき・乾燥がひどくなる

頭皮のベタつきや乾燥にもホルモンバランスの変化が大きく関係しています。
皮脂は頭皮を守るために重要な役割を持っています。そのため、頭皮が乾燥すると自然と皮脂が分泌され、補充される仕組みになっています。頭皮が皮脂の補充を行う際に、適度な量ではなく過剰に皮脂が分泌されてしまうこともあるのです。
産後のデリケートな時期の体の場合は、頭皮が乾燥し、そのために過剰な皮脂が分泌されるという悪循環が起こりうる可能性があるのです。

産後の抜け毛と髪の毛への対策方法

産後 抜け毛 対策 髪の毛

産後の抜け毛や上記でご紹介した髪の毛の変化の改善に、どのような対策が有効なのかみてみましょう。

1.産後抜け毛の対策

産後抜け毛は、ホルモンの分泌が整ってくる、産後6ヶ月~1年ほどで徐々に解消すると言われています。その間に、産後抜け毛の症状を悪化させないために以下の対策法を取り入れてみましょう。

  • 規則正しい生活を心掛ける
  • 睡眠はできるだけ長く、できるだけ質の良い睡眠を
  • ストレスは溜め込まない
  • たんぱく質、カルシウム、ビタミンB群、ミネラル(亜鉛、鉄)を含む食材を摂る
  • シャンプーやトリートメント、ヘアスタイリング剤は低刺激のものを使う

産後抜け毛対策に使用するシャンプーは、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンがおすすめです。

※関連記事
産後抜け毛対策に効果のあるおすすめシャンプー

2.くせ毛やパサついた髪質への対策

ホルモンバランスを意図的に整えることはできません。そのため、妊娠中から簡単な髪の毛のケアを取り入れてみましょう。
髪の毛に大切なのは、まず「頭皮環境を整える」ことと「トリートメント」。特に普段使っているシャンプーは、頭皮や髪の毛にダイレクトに関係するため、すぐに見直してみましょう。
髪の毛がくせ毛になったり、ちぢれてしまうのには毛穴に汚れが詰まっていることや毛穴が変形していることも考えられます。頭皮に優しく毛穴の汚れをきちんと取り除いてくれるシャンプーで、頭皮環境を変えていくことが重要です。
髪の毛のトリートメントは、髪の毛の内側に働きかけ、痛んだ部分を補修してくれる役割を持っています。髪の毛のクセやパサつきが気になる時も、内側の問題を改善するために、保湿成分が多く含まれるトリートメントを選ぶと症状が落ち着いてくるかもしれません。

※関連記事
産後にくせ毛になるのはなぜ?産後に髪質が変わる原因と治し方

3.頭皮の乾燥やベタつきへの対策

髪の毛のベタつきが酷くなった時には、頭皮環境を改善すればこの問題は解決します。
まず、頭皮の皮脂が過剰に分泌している場合、シャンプーの洗浄成分が強いことや髪の毛の洗い過ぎが考えられます。頭皮がベタつくからと二度洗いしたり、必要以上に長時間ゴシゴシ洗ってしまうと、逆に皮脂を取り除きすぎてしまい、頭皮の乾燥を招きます。頭皮が乾燥すれば、足りない皮脂を補おうと過剰な皮脂を分泌するため、負の連鎖に陥るのです。
アミノ酸系シャンプーや天然由来のシャンプーであれば、必要な皮脂を洗いすぎないためおすすめです。ベタつきが気になる場合も、シャンプーでの二度洗いよりも、シャンプー前の予洗いをしっかりするなど工夫しましょう。頭皮に適度な皮脂が残っていると、皮脂が過剰分泌することもなく頭皮環境が整ってきます。

いかがでしたか?「髪は女の命」などという言葉もあるとおり、女性にとって髪の毛はとっても大切な美の要素です。キレイなママ・妻であるためにも、産後は生活環境の改善とシャンプーの見直しを心掛けて、抜け毛と髪の毛の変化への対策をしましょう。