産後は髪が細くなる?髪が細いと抜け毛が増えやすいって本当?

産後は一時的に髪の毛が細くなることがあります。髪の毛が細くなると、抜け毛が増えてしまうと共に、見た目にも髪の量が減って見えてしまいます。薄毛の原因となります。実は、産後に髪の毛が細くなってしまうのは、抜け毛が増えるよりも危険なことがあるのだとか…! その原因と対策をまとめました。

産後に髪の毛が細くなると危険!?

産後 抜け毛 切れ毛

産後の頭皮トラブルと言えば抜け毛。多くの産後の女性が抜け毛に悩まされています。
中でも、「産後に髪の毛が細くなってきた」という人は要注意です!

髪の毛が細くなるということは、毛髪が十分に成長できていません。髪の毛が十分に太くなることができず、成長が止まっている状態で放置してしまうと、細くなるだけでなく産後抜け毛が加速していきます。
産後のホルモンバランスの乱れによる抜け毛であれば、そのうち再び生えてくるものの、細い状態を放置すると再び生えてこなくなる可能性も…。

産後の髪が細くなるのは、できるだけ対策をしておくと良いでしょう。

産後に髪の毛が細くなる理由と仕組み

産後 髪 抜け毛 切れ毛

産後に、髪の毛が細くなり、抜け毛へと繋がってしまうのはなぜでしょうか。原因を知って、薄毛の対策を考えましょう。

1.ホルモンバランスの崩れ

まず一つ目の原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることです。妊娠中、一時的に増えていた女性ホルモンは、産後一気に減少します。これによって女性ホルモンのバランスが崩れ、髪の毛が細くなると共に抜け毛へと繋がってしまいます。

2.産後は髪への栄養が後回しに

二つ目は栄養不足です。産後は授乳などで栄養不足の状態が続きます。頭皮は心臓よりも上の位置にあり筋肉がないため、どうしても血行不良になってしまいます。さらに、「人」は髪の毛がなくても生きていくことができるため、髪へ栄養を渡すのが後回しになりやすい部分です。
産後は、母乳をつくるために栄養が使われ、残りの栄養は他の大事な臓器に使われます。このように頭皮にまで栄養がいかなくなることが、細毛・抜け毛の原因となります。

3.産後の育児ストレス

三つ目はストレス。産後のママは赤ちゃんのために昼夜問わずお世話があり、寝不足状態が続きます。この慢性的なストレス状況が細毛・抜け毛の原因になり、また厄介なことにこの細毛自体が女性にとってはストレスになるのです。

産後の抜け毛と細毛の対策

産後 抜け毛 髪

シャンプーを変えてみる

産後に限ったことではありませんが、シャンプーを最適なものに変えるのは、頭皮環境の改善に最適です。ドラッグストアで市販されている多くのシャンプーには、洗浄力が強い成分が含まれています。泡立ちや清涼感はそこそこでも、なるべくオーガニックシャンプーを使うのが、抜け毛・細毛対策に有効です。

当サイトでは産後抜け毛にやさしいおすすめのシャンプーを厳選してご紹介しています。
※参考:産後抜け毛対策はシャンプーの見直しから!産後におすすめ抜け毛対策シャンプーの選び方

頭皮の血行をよくする

産後の抜け毛・細毛の対策には、頭皮の血行を良くするのが効果的です。髪を成長させる毛根に栄養を届けるのは頭皮の血管。そのため頭皮の血行が悪いと、毛根に栄養を届けることができません。髪が細くなるのは、頭皮の血行不良が原因になっているケースが多いです。
頭皮の血行を良くするためには、温かいお風呂にゆっくり浸かったり、頭皮を優しく揉むようにマッサージしてみましょう。

女性用育毛剤

また、女性用の育毛剤も抜け毛には有効です。女性用育毛剤には、頭皮の血行を促進し、炎症を抑える優れた有効成分が含まれているため、髪の成長に必要な環境を手軽に整えることが出来ます。
女性用育毛剤であれば、産後の授乳中にも使えるものが多いですが、使用前には確認しておくと安心です。

たんぱく質を摂る

髪の毛に必要な栄養不足を解消するには、まずはたんぱく質が大事。髪の毛の約9割はたんぱく質で出来ているため、肉や魚、乳製品や大豆製品などは、毎日食べるようにしましょう。
産後、家事に育児に忙しく、十分な栄養が取れない場合はサプリメントで補っても良いでしょう。

産後の抜け毛・細毛の最大の天敵はストレス

産後 抜け毛 細毛 対策

どんなに良いシャンプーを使っていても栄養を補っても、産後のストレスが溜まり過ぎていると、抜け毛と細毛はなかなか改善しません。
出来る限りで構いませんので、家族の協力のもとストレス発散の時間を設けたり、睡眠時間を取るように努めましょう。

賛否両論あるかもしれませんが、筆者の経験上、赤ちゃんの寝る前にはミルクにすることで腹持ちがよくなり、母乳よりも長く眠ってくれるかもしれません。ママの心と体の健康のためにも1日一度だけなど、母乳をミルクに変えてみることも、抜け毛・細毛対策のひとつの手ではないでしょうか。