授乳中は抜け毛が増えるって本当?授乳中の抜け毛はいつまで?

産後に抜け毛が増えたと感じる女性は少なくありません。さらに、授乳中は抜け毛が増えると言われていますが、完全母乳のお母さんとミルクで赤ちゃんを育てているお母さんでは抜け毛の量に違いがあるのでしょうか。授乳中の抜け毛はいつまで続くのでしょうか。授乳中の抜け毛の原因や仕組み、対策をご紹介します。

産後は一時的に抜け毛が増える!

産後 授乳 ママ

妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されるため、髪の毛が抜けにくくなっています。しかし、出産を終えると女性ホルモンの量が一気に元に戻り、もともと抜けるはずだった髪の毛が抜けていきます。妊娠中に抜けるはずだった髪の毛は産後3~6ヶ月を目安に抜けるため、一時的に抜け毛が多くなったように感じます。この症状が一般的な「産後抜け毛」とされています。

抜け毛の原因は様々あるため一概に断言はできないものの、この期間を過ぎてもまだ抜け毛が多いと感じる場合は、授乳が抜け毛の原因となっている可能性があります。

授乳中に抜け毛が増える理由

産後のお母さんが摂取した栄養は母乳を作るために使われます。そのため授乳中はどうしても栄養不足になりがちです。人間にとって髪の毛はなくても生きていくことができるため、髪の毛へ栄養を渡すのは後回しになりやすい部分なのです。

母乳を作るために栄養が使われると、残りの栄養は他の大事な臓器に使われて頭皮にまで栄養が行き届かなくなります。さらに、産後は増えてしまった体重を戻すために過度なダイエットをする人もいます。このように栄養が不足することは、抜け毛の原因となります。

授乳中はダイエットは控え、体重を戻すのは授乳が終わってからにしましょう。授乳はカロリーを多く使うため、ダイエットをしなくてもある程度は自然と痩せていきます。また、断乳後に落としきれていない体重を落とすことは、髪の毛にも体にも良いことなのです。

授乳中の抜け毛対策

産後 抜け毛 授乳中

1.髪の毛に良い栄養

抜け毛対策のためにも、授乳中は栄養が不足しないように食事の改善から始めましょう。髪の毛の栄養不足を解消するには、まずはたんぱく質が大切です。髪の毛の約9割はたんぱく質でできているため、肉や魚、乳製品、大豆製品などは、出来るだけ毎日食べるように心掛けましょう。

2.無添加の女性用育毛剤

授乳中の抜け毛にも女性用育毛剤は有効です。育毛剤は頭皮に直接付ける栄養剤なので、産後の抜け毛にも効果があります。しかし、育毛剤の中には授乳中は使用できないものがあるため注意が必要です。天然成分・無添加の女性用育毛剤を使って気になる抜け毛をケアしていきましょう。

授乳中の抜け毛が嫌でもミルクに変えないで

授乳 ミルク

授乳中は抜け毛が増えてしまうからと言っても、授乳を止めてミルクに変える必要はありません。授乳は永遠に続くものではありませんので、今しかないこの時期を大切にしましょう。授乳を止めたからと言って、必ずしも抜け毛が改善されるとも限りません。ストレスなどが原因で抜け毛が増えている可能性もあり、もともと産後は髪の毛が抜けやすくなるものです。食事や育毛剤、サプリメントを使って上手に対策していきましょう。

また、産後はどうしても赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがちです。睡眠不足はストレスの原因にもなりますし、女性ホルモンの乱れにも繋がります。出来るだけ赤ちゃんと一緒に寝起きし、少しでも良いので横になる時間を増やして心身の疲れを取り除きましょう。

「赤ちゃん」も「授乳」も永遠に続くわけではありません。あまり根を詰めずに授乳と子育てを楽しみながら抜け毛と向き合っていきましょう。

※関連記事
産後抜け毛と母乳育児は関係ある?