夏の産後抜け毛対策!頭皮の日焼けも抜け毛を悪化させる!?

春ごろになると日差しが強くなってきて、夏にむけて紫外線が気になり始めます。産後のお肌ケアの紫外線対策に日焼け止めは欠かせません。一方で、頭皮の日焼けは実は産後の抜け毛を悪化させる原因にもなり得ることをご存知でしょうか。今回は、産後の抜け毛を悪化させているかもしれない頭皮の日焼け、夏の産後抜け毛対策についてまとめました。

頭皮も日焼けする!?夏は産後抜け毛悪化の危険がいっぱい

夏 頭皮 日焼け 

夏の時期、顔や腕などの全身の日焼け対策をする人は多いですが、頭皮の日焼け対策について気にし手いる人は少ないことでしょう。実は頭皮も日焼けをしているのです。

一見、髪の毛が紫外線を防いでくれているように思われがちですが、特に頭のてっぺん、また露出している箇所などは紫外線が当たっている状態です。頭皮の日焼けを放置してしまうと、目に見えない慢性的な炎症状態となり、頭皮の劣化を促し、抜け毛や白髪、薄毛の原因になってしまうこともあるのです。

産後はただでさえ抜け毛に苦しめられているにもかかわらず、頭皮の日焼けの影響によって、抜け毛が悪化してしまうこともあるのです。

夏の産後抜け毛対策!大事なのは頭皮の日焼けケア

産後 抜け毛 頭皮 日焼け

夏は、頭皮の日焼けによって産後抜け毛が悪化してしまう可能性もあります。まずはできることから、産後抜け毛が悪化しないように心がけることが大切です。
しかし、頭皮の日焼けケアとはどのようなことをすればよいのでしょうか?

1.赤ちゃん用の日焼け止めで頭皮ケア

授乳中で肌に塗るものに敏感になっている人や、産後に肌荒れをしてしまったママにおすすめなのが赤ちゃん用の低刺激な日焼け止めです。日焼け止めは本来肌に塗るものなので、頭皮には塗りずらいかもしれませんが、少量ずつを手に取って頭皮のてっぺんに塗りましょう。

2.スプレー式の日焼け止めもおすすめ

スプレー式の日焼け止めも頭皮に塗りやすいのでおすすめです。こちらも赤ちゃん用であればなお安心ですが、まだ多くの種類は発売されていないため、成分表示などを確認したうえで購入すると良いでしょう。

3.なるべく帽子や日傘を持ち歩いて

日焼け対策に日焼け止めを塗るのはもちろん効果的ですが、気軽にできる方法として、帽子や日傘でUVカットをしましょう。産後は赤ちゃん連れで行動することが多いため、日傘よりもお気に入りの帽子を持っておくと便利です。

頭皮ケアだけじゃない!?産後の抜け毛の原因は髪の傷みも!

産後 抜け毛 女性 髪

夏の産後の抜け毛が悪化する原因には、頭皮の日焼けだけでなく、紫外線による髪の傷みも影響するといわれています。
産後に限らず、夏場に海水浴に行ったりすると、髪の毛が茶色くなるという話しを聞いたことはありませんか? これは、紫外線によって髪の毛が傷んでいることが原因として挙げられます。

そもそも産後の抜け毛は妊娠中に抜けなかった髪の毛が、ホルモンの変化によって急に抜け出すために起こる症状です。加えて、紫外線によって髪の毛が傷むことで、産後抜け毛を増量させている可能性があります。

夏場は頭皮ケアも大事ですが、高熱のヘアアイロンを控えたり、低刺激のシャンプーで労わってあげるなど髪の毛のケアも怠らないようにしましょう。

夏の日焼けケアといえば、顔や体に意識がいきがちですが、頭皮や髪の毛にも影響があるようです。産後の抜け毛は仕方のないことですが、できるだけ最低限に抑えたいのが女性の本音。日常生活に+αでの心がけ、ストレスを感じすぎないように産後の抜け毛と向き合っていけたら良いですね。