産後抜け毛中に安全にヘアカラーをする方法

産後にヘアカラーやパーマをしたいというママもいますが、そこで気になるのがいつからカラーリングしても大丈夫?ということ。産後抜け毛が勃発している中で、頭皮の毛穴や髪の毛に悪影響はないのでしょうか。授乳中は母乳への影響も心配です。そこで、産後抜け毛中も安心してヘアカラーできる方法はないか調べてみました。

産後抜け毛中にヘアカラーをするリスクって?

リスク 産後 抜け毛 ヘアカラー

産後抜け毛中は「ヘアカラーやパーマをしない方がいい」という話しをよく聞いたことはありませんか? ママだってヘアカラーで髪のおしゃれを楽しみたいですよね。はやる気持ちを一旦抑えて、まずは産後抜け毛中、また授乳中にヘアカラーをすることによって生じる危険性やデメリットを確認しましょう。

産後抜け毛の悪化

妊娠から出産にかけて女性の体内では、ホルモンバランスが大きく乱れています。産後は、ホルモン分泌量の影響で大量の抜け毛に悩まされる訳ですが、抜け毛だけでなく髪がパサパサ・ゴワゴワに、また白髪が増える人もいます。「産後抜け毛」自体はホルモン分泌量が根本の原因のため、ヘアカラー自体が抜け毛の原因になっているわけではありません。

しかし、もともとヘアカラーは頭皮と髪の毛に刺激を与えるもの。抜け毛ピークがまだまだ過ぎていないうちにヘアカラーで追い打ちをかけると、弱っている髪と毛根がダメージを受けて、抜け毛がより悪化してしまう可能性があります。

頭皮の肌トラブル

産後のお肌はホルモンバランスの影響で妊娠前よりも敏感肌。皮脂分泌量が増えたり、反対にカサカサの乾燥肌になったり、かゆみが出たりと肌荒れに悩まされがちです。妊娠前までに使っていた化粧品が突然合わなくなることも珍しくありません。

そんな産後の肌状態は頭皮も同じ。特に授乳中のママは、食べ物から摂取した栄養も母乳優先となってしまうため、髪や頭皮にまで十分な栄養が行き届かず、頭皮は健康な状態とはいえません。ヘアカラーやパーマの液剤は刺激が強いので、思わぬ頭皮トラブルに繋がる可能性があるのです。

髪がきれいに染まらない

繰り返しになりますが、産後はホルモン分泌量の影響で、髪はパサパサ、白髪、枝毛になりがちです。ツヤツヤ・サラサラの健康な髪状態ではないので、ヘアカラーをしても十分に染まらない可能性があります。

まだらになってしまったり思っているほど色が入らなかったり。そのせいで、ヘアカラーやパーマに使用する液剤の量を普段よりも増やさなければいけないケースもあります。

また施術後のヘアカラーがきれいに持続しないことも考えられるでしょう。パーマも同様で、イメージどおりの髪型になりにくいかもしれません。

授乳中は母乳に影響が出る可能性も

ママとしては、大切な赤ちゃんに影響が出ることが一番心配ですよね。巷でいろいろとささやかれているヘアカラーの母乳への影響ですが、実際のところは、赤ちゃんへの確かな悪影響は科学的に証明されていません。

しかし、頭皮の毛穴からヘアカラーやパーマの液剤が体内に入り、少量ですが母乳に混ざってしまうことはあるようです。健康に問題はないといっても、不要な化学成分や薬剤を赤ちゃんが摂取するのは避けたいもの。少しでも赤ちゃんに心配な要素は排除したいですよね。

産後抜け毛中も安心してヘアカラーできる方法

産後 抜け毛 ヘアカラー

産後、それでもヘアカラーを楽しみたいという人のために、安全にヘアカラーをするための方法をまとめました。

セルフカラーではなく美容院でヘアカラーする

セルフカラーはどんな髪質の人でもきちんと染まるように、強めのカラーリング剤を採用しています。対して、美容院ではその人の髪質やダメージ具合に合わせて薬剤を調整してくれます。

また、通常美容院では、カラーリング剤を塗った後に、お湯と液剤を揉み込ませる「乳化」をしながらシャンプー台で洗い流します。しかし、セルフカラーではこの乳化が十分にできないので、頭皮の肌トラブルに繋がる可能性があります。

美容院で無添加カラー・オーガニックカラーを使う

カラーリング剤でしみた経験がある人は、カラーリング剤の「ジアミン」系の化学物質が原因となっていることが考えられます。無添加やオーガニックのカラーリング剤であれば、ジアミン系成分を含んでおらず、比較的低刺激で頭皮へのダメージを軽減させることができます。

美容院によっては、産後抜け毛中にも使えるような無添加・オーガニックカラーを用意しているところもあるので、一度相談してみるとよいですね。

※関連記事
産後の美容院はいつから行ってもいい?抜け毛や母乳への影響は?

地肌にカラーリング剤をつけない

全体的にカラーを変えたい人には向いていませんが、「毛先の色が落ちてきた」など、地肌にカラーリング剤を付けないヘアカラーであれば、ダメージを軽減することができます。

産後1年間はヘアカラーしない

産後抜け毛中のヘアカラー問題、しばらくヘアカラーを控えるのが一番の解決策かもしれません。産後は、ママ自身の体調を戻すことや赤ちゃんの育児が第一です。無理にヘアカラーをして、抜け毛が悪化してしまっては精神的なストレスにも繋がってしまいます。

産後しばらくは美容院ではカットだけにしたり、気分が上がる髪型に変えるなどして、ヘアスタイルを楽しむとよいかもしれませんね。

※関連記事
産後の髪型、ショートとロング結局どちらのヘアスタイルが正解?